海外での紫外線

海外での紫外線は、赤道付近の国では特に強く、日本の紫外線の量と比較すると、肌にかなりの負担をかけていることになります。
その国に住んでいる人にとって、UVケアのコスメをすることは常識になっており、日本よりも紫外線をカットするコスメを使用しています。


しかし、日本のものよりも紫外線をカットするとは言っても、極端に多くの紫外線カットの成分が入っているわけではありません。
その理由は、赤道付近などに住んでいる人は、長い生活の中で他の国の人よりも紫外線を浴びる量が多いため、紫外線に強い体を長い歴史の中で培ってきたからです。
なので、日本国内で生まれ育ってきた人たちにとっては、紫外線を強くカットしたいからと言って、海外のコスメを使用して紫外線を防ごうとするのはあまり得策とは言えません。
その理由は、海外のコスメは、その国の人の状態に合わせるように作られているので、紫外線が強い国の人が使用するコスメを、日本国内の人が使用すると、肌に合わなかったり、効き目が強すぎて肌を荒らしてしまう可能性があるからです。
普段から紫外線を浴びる量が多い国は、肌が強い人が多いため、UVケアのコスメの成分には、効き目の強いものが使われている場合が多いからです。


その一方、日本国内に住んでいる人は、紫外線を浴びる量が比較的少ないため、肌の弱い人が多いのです。
海外のコスメを使用して紫外線カットをしようと考えている人は、その商品が本当に自分にとってふさわしいかをよく考えてから使用しましょう。

敏感肌でお悩みなら是非見てみてください!敏感肌化粧品ナビ〜症状、改善策、スキンケア、これでしっとり美肌へ